お店を始めたい!初めてでもできるフランチャイズとは

フランチャイズ契約を活用しよう!

開業したいけれどどんな業種で始めたらよいかわからない、集客できるか心配である、販路など流通を確保するのが大変など、これから店を持ちたい人には様々な悩みがあるはずです。そんなときにはフランチャイズ契約を検討しましょう。フランチャイズ契約は既存の企業が提供しているサービスをそのまま利用して、自身の店として運営できます。ブランド名をそのまま名乗ることができ、物流も使うことができるので自身で1から探す必要もありません。ネームバリューのあるブランドであれば集客も期待できます。マニュアルも完備されているため、運用方法やルールといった決まりがきちんと定められている安心感があります。ただし、注意点としては本部の指示を守る必要がある点です。

例えば、売上金についてです。フランチャイズ契約は売上金の一部を本部へ収める必要があります。契約先によって割合は異なるので、契約する際に必ず確認しましょう。また、利用客はブランドを信用して来店するため、ブランドの価値を下げるような行為は禁じられています。中には店内での撮影やSNS投稿を禁じている場合もあります。

注意点こそありますが、既存のブランドを使って商売ができるのはフランチャイズならではの強みです。

どうやってフランチャイズ契約をするの?

フランチャイズ契約は、本部との契約によって成り立ちますがどこでもすぐできるものではありません。では、どこでフランチャイズ契約を募っているのでしょうか。

開催場所や日時は不定期ではあるものの、フランチャイズ契約について講習会や説明会が開かれています。本部の人間が直々に説明をしてくれるので、これからフランチャイズ契約で店を持ちたいと考えているのなら、こうした会を利用すると良いでしょう。開業する際に必要な資金や契約内容、見込める収益といった質問ができるので、不安や疑問を解消することができます。

また、本部へ直接問い合わせる方法があります。電話やメールだけでなく資料の請求などができるので、検討材料として活用できます。ネットの情報だけでは見えてこない、実際の契約内容を聞くことでフランチャイズ契約への理解を深めることができます。

ただ、業種によっては専門知識や資格保有者が必要な場合があるので、注意が必要です。

フランチャイズ契約の幅広さ

フランチャイズ契約は様々な業種によって展開されています。コンビニだけでなく、ファミリーレストランや床屋、整骨院や薬局など多様な業種で展開されています。これからフランチャイズ契約を検討しているのなら、自身に合った業種を選びましょう。

代理店とは、メーカーや保険会社と代理契約を結び、契約を結んだメーカーや会社の商品の販売や買い付けなどの業務を代理で行う会社のことです。