実は魅力が多い1000円カット!メリットとデメリットをご紹介!

値段の安さは何よりの魅力

普通の美容室や理容室であれば、安くても3000円はかかってしまうところ、3分の1で済むとなればその魅力は外せませんよね。カット以外の施術やサービスをしないことが、低価格を実現できるカラクリとなっています。安いからといって、技術者が未熟とは限りません。多くの場合、通常の美容室や理容室で、様々な経験を積んでいるスタイリストが1000円カットへ移っています。運が良ければ、物凄くベテランのスタイリストに低価格でカットしてもらえるということになります。お店によっては、指名料だけで1000円超えてしまうこともありますから、十分お得ですよね。

時短したい人の強い味方

「散髪に思ったより時間がかかった…」なんて経験をしたことがありませんか?カラーやパーマなどもしていれば、半日終わってしまったという経験が尚更あると思います。散髪はしたいけど、時間をあまりかけたくないという人には、1000円カットに一度足を運んでみることをオススメします。理美容業界では、「1分=100円」が相場だと言われています。つまり、1000円カットでかかる時間は、約10分~15分が平均となります。早いから髪型をオーダーできないのでは?というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。希望する髪型の写真などを持っていけば、スムーズにオーダーできますし、無い場合でも、その人の頭の形や髪質を考慮しながらカットをしてくれます。

余計な詮索をされたくなければ利用の価値有り

「今日はこの後どこに行くんですか?」「お仕事は何されているんですか?」スタイリストだけでなく、交代したアシスタントにまで訊かれてうんざりしていませんか?あまり会話が好きではなければ、1000円カットの利用を考えてみるのも一つの手です。短時間でカットを終わらせるためにも、むやみに話しかけてくることは多くありません。もちろん全く会話がないというわけではなく、お客さんから話しかければ応えてくれますし、髪形などについて説明をされることもあります。

スタイリング剤は付けていけない

1000円カットでは、通常シャンプーをしません。そのため、ジェルなどでガッチリと固まっている場合、カット自体してもらえないことがあります。別料金を払えばシャンプーを行ってくれるお店もありますが、混雑状況によって断られる可能性は高くなります。スタイリング剤の使用の有無で仕上がりに差が出ることは間違いありませんので、利用する際には、何も付けていかないことをオススメします。

早いなりの仕上がりになる可能性もあると知っておく

低価格を実現するために、時短も一つの売りとなっていますので、全てがイメージ通りの仕上がりになるとは限りません。これは、通常の理美容室を利用していても同じことが言えますので、そこまで大きなリスクではありませんね。

1000円カットのFCが最近増えてきています。利益率も高く、お店もそこまで広くなくても経営できるので始めやすいのも人気の1つです。