1000円カットのお店を利用するメリットとは?

セルフカットよりもお得で安心です

清潔感を整える事は、社会人でも大学生でも必要な事です。髪が伸びすぎていると、他人に良くない印象を与えるかもしれません。口ひげや顎のひげなどは、自分で処理できます。安価な剃刀でも充分処理出来ますし、専用の電気シェーバーがあれば朝の支度が捗るでしょう。一方で散髪は自力では困難な作業です。セルフカット用のアイテムは一応市販されていますが、素人がハサミを握ると大抵、悲惨な結果に終わります。

いわゆる丸坊主のヘアスタイルなら、自宅でセルフカットが一応は可能です。髪の毛用の電気シェーバーを家電量販店などで購入します。後はお風呂場や洗面所など、髪の毛が散乱しても掃除しやすい場所で、セルフカットをすればOKです。坊主ヘアも、近頃はおしゃれなヘアースタイルと認識されており、ベリーショートな男性が好きな女性も珍しくはありません。ただ自力で出来る坊主ヘアは、いわゆる有名人やアスリートをするようなオシャレ坊主とは異なります。有り体に言えば、昭和の頃の野球部の中学生のような、少し野暮ったいスタイルになる事がほとんどです。

散髪の費用を節約するため、セルフカットを検討する男性ユーザーも多いかもしれませんが、カット後、失敗したと後悔する可能性大です。同じ節約するなら、美容院から1000円カットのお店に変える、といった対策がオススメです。1000円カットのお店は身近なところで営業しており、スーパーマーケットやショッピングモール、駅ナカや駅前周辺の一角などによく設けられています。文字通り1000円で散髪が済むので、今月のお小遣いがピンチという時に大変重宝します。普通の床屋さんよりも値段がお手頃であり、誰でも気軽に利用しやすいカジュアルな雰囲気なので、初めての方でも安心です。

短時間でヘアカットが出来ます

ヘアサロンや床屋さんに行きたいけれど、学業や仕事が多忙でなかなかスケジュールに余裕がない、という方々も多いかもしれません。特におしゃれなヘアーサロンはスタイリッシュでトレンディな髪型にしてもらえるメリットがある反面、ほぼ確実に予約必須なのがデメリットです。多忙な大学生や社会人の方々は、明日の予定も決めづらい事があるでしょう。予約を入れても、いざ予約当日になって想定外の用事が飛び込んできてはキャンセルするしかありません。

対して1000円カットのお店は予約が基本的に不要です。気が向いた時にお店を訪問するだけです。一人当たりのヘアカットの時間が短いのも1000円カットの利点です。15分から30分程度で散髪の作業が終わり、俗にいうところのお客さんの回転率が良いため、多少お店が混雑していて順番待ちをする事になっても、少し時間を潰すだけで自分の番がすぐに来るので大丈夫です。

1000円カットを開業するにはまず場所が必要ですが、シャンプースペースも要らないので比較的せまめの空間で経営できます。カラーなどもしないので材料費が少なく済みます。