社員研修では受講者と会社の両方が納得することが大事!マッチするメニューを作る!

社員研修のメニュー会社側だけで決めると効果が希薄に

社員研修のメニューは会社側が受けてほしい内容と、社員が受けたい内容が必ずしも一致するとは限りません。会社に押し付けられたと感じると、社員のやる気は一気に急降下するでしょう。そこで社員の意見を取り入れることは大事になります。社員が受けたい研修を上手く社員研修に取り入れて、会社側が受けてほしい社員研修と合わせてしまう方法は有効な手段になるでしょう。あくまで研修ですので、会社に有益なものである必要はあります。その範疇を越えないのであれば、社員の望みを叶えることはできるでしょう。受講者から押し付けられていると思われないためには、意見を聞いて活用することが重要です。意見が採用されていると感じれば、自然とやる気は上がってきます。

マッチするメニューの作り方

会社の意向をだけで社員研修を作ることは難しくありません。習得してほしいスキルを学べる研修を設定するだけだからです。しかし、それでは受講者は流されるままです。主体的に研修を受けようとはしません。そこでマッチするメニューを作るために、社員にも研修の立ち上げ段階から参加してもらうのです。どのような研修がいいかを議論するところから始めます。時間がないのであれば、意見書を出すだけでもいいです。研修に受講者が参加しているという事実が重要になります。参加してさえいれば、主体的に研修を受ける要因になるからです。まとめるのは会社側がするにしても 、そこに至る過程は社員が考え出すという道のりが重要になるのです。

mg研修とは経営者育成研修の一つで、マネジメントゲームを通して経営体験ができます。この研修のメリットは擬似的に様々な企業経営経験を積むことができるため自分を客観視し、課題の認識ができることです。