どこでするのが効果的?社員研修の会場選び

社員研修の場所とは?

社員研修を行う際、どこで研修をするのかで効果は変わってきます。いくつかの場所を見ながら、どこで開催すると良いのか考えてみましょう。

分かりやすさ重視!会社内の研修

基本的な例として、会社内で研修を行う事があります。社員にとっても普段から来ている職場内は分かりやすいですし、作業の合間などに時間が作りやすく研修しやすい場所だといえます。空き部屋や会議室などが使用できるため、数人での研修やなかなか時間が取れない企業の場合などに役立つ会場です。

違った知識も!別店舗での研修

飲食店や娯楽施設の場合、別の店舗で研修を行うのも一つの手です。客の量、提供する料理など少し状況が違うだけでも得られる知識は変わりますし、実際にそこで仕事している人からも助言を貰う事ができます。あまり人数が多すぎる場合は効率が悪くなってしまいますが、少人数の実務研修などには特に役立ちます。チェーン店などの場合は、相手の店と相談しながら内容を決めましょう。

気を引き締めよう!専用の会場での研修

大がかりな研修になると、例えば市民ホールなど特殊な会場を借りての研修も可能です。大人数を一度に集めるにはそれなりの会場を用意する事になるため、参加者にとっても気が引き締まり特別な研修になります。ただし、会場を借りる際にある程度の資金が必要な場合もあり、研修内容は慎重に決める事が重要です。人数が多いため、例えば企業の社長が講演する、ベテランの社員に実演してもらう、専用の機材を利用した研修にするなど普段では体験できないような内容を盛り込むと効果的です。

目的に合わせて研修を行おう

このように、研修を行える場所はいくつか存在しています。参加する人数や内容に応じて適切な会場は変わってくるため、最も研修が行いやすい会場を選ぶようにしましょう。

管理職研修を通じて、部下育成のノウハウを学ぶ事ができます。さらに具体的な育成方法を研修する場合もあります。