単式簿記と複式簿記の違いは?専用ソフトで複式簿記を克服しよう!!

現金の残を知るか資産の残を知るか

企業で会計処理を行うとき、簿記の手続きを行います。この時の簿記は複式簿記と呼ばれる方法になります。一方単式簿記と呼ばれる方法があり、こちらは自営業者などが簡単に帳簿付けをするときに用いる方法です。白色申告の時は単式簿記でも良いとされていて、青色申告では複式簿記での記帳が義務付けられています。単式簿記は、現金が動いた理由を元に記帳をするので、現金の残を知るのに適しています。そのうえで利益なども計算できます。ただ、ほかの資産の残高などは把握しにくいです。複式簿記だと、各勘定科目ごとの資産が把握できるだけでなく、その年の売上や経費の状況も細かくわかります。申告業務だけでなく、経営管理に使える資料の作成にも役立ちます。

専用ソフトなら複式簿記も難しくない

青色申告をするとき、簿記の方法として複式簿記を使う必要があります。これまで白色申告をしていて、単式簿記で帳簿付けをしていた人にとっては、複式簿記は複雑に感じるようです。節税効果が得られるものの、なかなか事務処理の移行ができない人もいます。そのときは青色申告用の専用ソフトを使ってみましょう。多くのソフトには日常の経理業務が行える機能もついていて、もちろん複式簿記で記帳するようになっています。最初に科目設定をする必要はありますが、後は取引に応じて仕訳を入力するだけです。現金を中心とした取引から、その他の資産も含めた取引も入力していきます。専用ソフトだと誤りなども修正しやすく、経理事務の負担を大きく減らせます。

青色申告とは、1年間に発生した所得金額を計算して、収入や必要経費などを帳簿に記録して申告をすることです。